2014年10月30日

2014.10.10 千畳敷カール

このブログは「関西観光記」と銘打っていますが、たまには番外編としての関西以外の記事も載せていきたいと思います。
今回は3週間程前に訪れた長野県駒ケ根市の「千畳敷カール」です。



千畳敷カールへのアクセスですが、途中一般車両の入れない道を通るので、バスとロープウェイを乗り継いで行くことになります。
(なので「山登り」はほとんどなく、お年寄りの方でも気軽に訪れることができます)
車の方は中央道駒ヶ根I.Cを降りてすぐの菅の台バスセンターの駐車場に停めることになると思います。
なお、紅葉シーズンの三連休のときなどは観光客は皆上記のルートを通るので、バス•ロープウェイに乗る際に上り•下り各5時間待ちという状態になることもあるようです。
私は平日に有休を取って行ったのですが、平日でも駐車場は満車の状態でした。
千畳敷カールを訪れる際には参考にしていただければと思います。

写真はロープウェイとその終点「千畳敷」駅からの眺めです↓
千畳敷駅は標高2,612mにあり、日本で最も高い所にある駅だそうです。

IMG_3311.JPG

IMG_3312.JPG

千畳敷カールの写真もいくつか↓
「カール」とは氷河期に氷で削り取られることで形成された地形を表すそうです。
千畳敷カールは高山植物の宝庫でもあり、四季折々様々な景色を楽しむことができます。

IMG_3323.JPG

IMG_3324.JPG

IMG_3325.JPG

IMG_3349.JPG

IMG_3354.JPG

IMG_3365.JPG






posted by Mandelbrot at 19:01 | 長野 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする