2015年11月01日

弘仁寺 (Kounin-ji)

地図 (Map)





オススメのアクセス (Access)


●車。無料駐車場あり。
 By car. There is a free parking lot.

●JR奈良駅/JR天理駅よりバス・徒歩。
 By bus and walk from Nara station (JR line) or Tenri station (JR line)

弘仁寺はあまりアクセスは良いとは言えませんが、山辺の道ハイキングコース沿いにあり、ここを通ってくるのもオススメです。
弘仁寺は正暦寺・円照寺(北側)と石上神宮(南側)の間にあります。


オススメの時期 (Season)


●1年中
 All season


所要時間 (Necessary time)


●約30分
 About 30 minutes


見所 (Sightseeing spots)


弘仁寺は小じんまりとした閑静なお寺です。
京都のお寺のような華やかさはありませんが、心が落ち着いて癒される私のお気に入りのスポットです。

●十三詣り (ju-san mairi)
 毎年4/13には十三歳の厄払いを行う「十三詣り」が行われます。

20151101_002.jpg

20151101_004.jpg

20151101_001.jpg

20151101_005.jpg


リンク (Link)


弘仁寺 公式サイト



posted by Mandelbrot at 15:12 | 奈良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月11日

曽爾高原 (Soni Highland)



20151011_IMG_7713.JPG

★関西屈指のススキの高原


地図 (Map)





オススメのアクセス (Access)


●車で名阪国道(国道25号)針I.Cから45分。駐車場あり
 45 minutes' drive from Hari I.C (Meihan Kokudou, or Route 25)
 There is a parking lot.

●近鉄名張駅よりバスで45分
 45 minutes' bus ride from Nabari station (Kintetsu line)


オススメの時期 (Season)


●10月上旬〜11月下旬
 from the beginning of October to the end of November


所要時間 (Necessary time)


●約1.5時間
 About 1.5 hours

近くでは、倶留尊山の登山、曽爾高原温泉「お亀の湯」などもオススメです。
所要時間はそれぞれ
・倶留尊山の登山:3〜4時間
・曽爾高原温泉「お亀の湯」:約1時間
です。

見所 (Sightseeing spots)


●ススキ (Japanese silver grass)
 曽爾高原の見所は何と言っても「ススキ」です。
 10月上旬〜11月下旬のシーズン時には黄金に輝く海のような幻想的なススキの風景を堪能できます。

20151011_IMG_7573.JPG

20151011_IMG_7574.JPG

20151011_IMG_7600.JPG

20151011_IMG_7615.JPG

20151011_IMG_7693.JPG

20151011_IMG_7713.JPG


 お時間のある方は、倶留尊山の登山、曽爾高原温泉「お亀の湯」などもオススメです。
 また、車の方は赤目四十八滝室生寺なども比較的近くオススメです。

リンク (Link)


曽爾村 公式サイト
曽爾高原温泉「お亀の湯」 紹介サイト
赤目四十八滝(本サイト内)
室生寺(本サイト内)

posted by Mandelbrot at 11:31 | 奈良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月23日

見所満載!眼病封じとインド交流のお寺 - 壺阪寺

先日は奈良県の「壺阪寺」に行ってきました。
壺阪寺は正式には「南法華寺」と呼ばれ、飛鳥(あすか)の南にある壺阪山に建っています。
アクセスですが、最寄駅は近鉄壺阪山駅でそこからバスが出ています。
お車の方は壺阪寺にある1日500円の駐車場をご利用ください。
壺阪寺の近くには「高取城跡」という城跡があります(高取城は日本三大山城の1つでもあります)。
壺阪寺を訪れた際には、ぜひ高取城跡にも足を運んでみてください。



全国のレンタカー最安値比較なら「レンナビ」


今回壺阪寺を訪れたのは、「日本珍スポット100景」というブログを見て、行ってみたいと思ったからです。
「日本珍スポット100景」を運営するのは五十嵐麻里さんという方で、100万アクセスのサイトをいくつも所有しているネット業界の有名人です。
「日本珍スポット100景」は素晴らしいサイトで、ぜひ本ブログでも見習っていきたいですね。
今回の壺阪寺は、このサイトでは「超カオス!インド石像の混沌寺」(笑)として紹介されていましたが、実際行ってみると期待以上でした。

壺阪寺は眼病封じにご利益のあるお寺として有名で、本堂に鎮座するご本尊・十一面千手観世音菩薩は目の観音様として参拝客を迎えます。
明治には、盲目の夫沢市とその妻お里の夫婦の物語を描いた人形浄瑠璃『壺坂霊験記』の舞台ともなり、一躍有名になりました。
「メグスリの木茶」や「め煎餅」といった眼病封じにちなんだお土産も置いています(こちらでネット販売もされています)。

また、壺阪寺は1965年よりインドにてハンセン病患者救済活動に参加しており、インドとの様々な国際交流事業を活発に展開しています。
そのご縁で、壺阪寺はインドから将来された多くの石彫品で溢れています。
石でできたものは、ほとんど全てインド交流に絡んだものと思っておいて良いかもしれません。





以下では、非常に見所満載の壺阪寺の境内を写真とともに見ていきたいと思います。

●大講堂

IMG_6351.JPG

IMG_6360.JPG

●仁王門と仁王像
「仁王さんの下駄」もあり、乗って写真を撮ることができます。仁王さんは少し乳首が気になります。

IMG_6361.JPG

IMG_6365.JPG

IMG_6362.JPG

IMG_6363.JPG

●多宝塔

IMG_6370.JPG

●灌頂堂

IMG_6382.JPG

●三重塔
1497年に再建された三重塔で、重要文化財に指定されています。

IMG_6405.JPG

IMG_6408.JPG

IMG_6481.JPG

●禮堂
1103年に再建された建物で、重要文化財に指定されています。この裏には703年創建の八角円堂があり、ご本尊の十一面千手観世音菩薩が祀られています。

IMG_6406.JPG

IMG_6419.JPG

IMG_6409.JPG

●天竺渡来 大釈迦如来石像
大釈迦如来石像は一番奥にいる大きな仏様。その前にいるのは中央が十一面千手観音菩薩石像、右が文殊菩薩石像、左が普賢菩薩石像です。

IMG_6371.JPG

IMG_6373.JPG

IMG_6400.JPG

IMG_6433.JPG

IMG_6476.JPG

●夫婦観音石像
手前にはパワーストーン台座がありますので、ぜひ靴を脱いで乗ってみてください。

IMG_6386.JPG

IMG_6387.JPG

IMG_6388.JPG

IMG_6390.JPG

●十一面千手観音石像

IMG_6401.JPG

●めがね供養観音石像
珍しいめがね供養の観音様。眼病封じのお寺ならではと言えます。

IMG_6415.JPG

●天竺渡来 佛伝図レリーフ「釈迦一代記」
延べ57,000人の石彫師の手によって制作されたという巨大なレリーフです。

IMG_6421.JPG

IMG_6424.JPG

IMG_6426.JPG

IMG_6427.JPG

IMG_6428.JPG

IMG_6429.JPG

IMG_6431.JPG

●天竺渡来 阿弥陀如来石像

IMG_6437.JPG

●天竺渡来 大観音石像
70,000人のインドの石工が製作に携わったという高さ20メートルに及ぶ巨大な観音様です。重量1,200トンで、土台部分には数万巻の写経が納められています。

IMG_6441.JPG

IMG_6445.JPG

IMG_6448.JPG

IMG_6439.JPG

●天竺渡来 釈迦如来大涅槃石像
ここからは大和三山奈良盆地を一望できます。

IMG_6454.JPG

IMG_6458.JPG

IMG_6450.JPG

●天竺渡来 大石堂
延べ120,000人の人々によって建立されたという大石堂です。
内部には石像や一字金輪曼荼羅、大仏舎利塔などが安置されています。

IMG_6475.JPG

IMG_6468.JPG

IMG_6469.JPG

IMG_6471.JPG

IMG_6472.JPG

主要なものは紹介できたと思いますが、それでも壺阪寺の見所はまだまだあります。
最後にその他の境内の様子も写真で紹介します(今の季節はアジサイもキレイでした)。
壺阪寺がいかに見所満載かわかっていただけたと思います。

IMG_6349.JPG

IMG_6397.JPG

IMG_6403.JPG

IMG_6404.JPG

IMG_6414.JPG

IMG_6417.JPG

IMG_6434.JPG

IMG_6440.JPG

IMG_6459.JPG

IMG_6457.JPG

IMG_6460.JPG

IMG_6461.JPG

IMG_6463.JPG

IMG_6479.JPG

IMG_6379.JPG

IMG_6380.JPG

IMG_6381.JPG

IMG_6383.JPG

IMG_6389.JPG

IMG_6393.JPG

IMG_6394.JPG

IMG_6398.JPG


posted by Mandelbrot at 21:30 | 奈良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。