2015年12月03日

東大寺の大仏 髪が半分だった!?

大仏様の髪はアフロのようです。
丸い球体がいくつも付いた独特の髪型です。
これは、正確には「螺髪(らほつ)」と言います。
何でも知恵の象徴のようです。

大仏といえば東大寺の大仏が有名、奈良の象徴でもあります。
この東大寺の大仏様、正式には東大寺盧舎那仏像と言いますが、長年螺髪は966個あると言われてきました。
これは昔の文献にも記録が残っているようです。

しかし、実はちゃんと数えられていなかったようです。
大仏様の後ろには後光を表現する「光背」が設置されていますが、この光背があるためにちゃんと数えられなかったそうです。
見える部分の螺髪を数えると、966個もないんじゃないか?という疑問の声もあったようです。

そして、このたび東大がレーザー光を使って見えない部分まで解析し、螺髪が何個あるか数えました。
その結果、なんと螺髪は「492個」だったことがわかりました。
当初の966個の約半分です。

こんな簡単なことが21世紀になって初めてわかるというのも驚き(というよりオカシイ)です。
噂はちゃんと確かめられることなく世間に広まり、すぐに定着してしまうということを考えさせられるようなニュースでもありました。

posted by Mandelbrot at 21:10 | 奈良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする