2015年03月31日

古くから和歌にも詠まれてきた全国有数の桜の名所 - 吉野

今日は日本有数の桜の名所として知られる奈良の「吉野」を紹介します。
吉野は奈良県南部の地名であり、長い歴史を持ち古くから多くの歌人に愛されてきました。
例えば、古今和歌集には「み吉野の山べにさける桜花雪かとのみぞあやまたれける」という歌が紀友則によって詠まれています。
西行法師や松尾芭蕉も吉野を愛しました。
吉野は桜で有名ですが、それ以外の季節でも美しい風景を楽しむことができますので、ぜひ春に限らず脚を伸ばしてみてください。



吉野はアクセスが良いとは言えませんが、桜のシーズン時には各地から観光客が訪れ大変混雑します。
4月初旬は交通規制も行われ、山の下にはいくつか駐車場がありますが必ずしも空いているとは限らないため、マイカーでの移動はあまりオススメできません。
吉野を訪れる際には、やはり近鉄線を利用するのがオススメです。
大和西大寺駅からでしたら約1時間半で吉野駅に着きます。

次に、吉野駅からの観光ルートについて紹介したいと思います。
吉野は観光スポットが広い範囲に点在しており、かつ高低差も結構あるため全てを歩いて回るのは非常に大変です。
そこで、私は最初に(ロープウェイ+)バスを使って一番高いところまで行ってしまい、そこから歩いて降りてくるというルートをオススメします。
(ただし、このルートもある程度体力の衰えていない人向けです)




以下では、写真を交えながら紹介します。
近鉄吉野駅を降りたら、すぐにロープウェイで山の上に登ることができます。
この間は大した距離ではないので、体力に自身のある方は歩いて登っても良いと思います。

ロープウェイを降りるとすぐにバス停があります。
このバスで一気に吉野の一番奥まで行ってしまいます。
バス停名で言うと「吉野山駅」→「奥千本口」となります。

奥千本口からさらに奥に進んでいくと「金峯神社」があります。

IMG_0986.JPG

さらに進んでいくと、一番奥には「西行庵」があります。
小さな庵ですが特に秋が有名で、紅葉の中に佇む西行庵は独特の趣があります。

IMG_0996.JPG

ここから奥千本口に戻り、今度は山を歩いて下っていきます。
最初に「高城山」という所を通ります。
ここは少し上り下りがあり大変ですが、上は展望台になっており、そこからの眺めは一見の価値ありです。
(写真は秋に訪れたときのものです)

IMG_1546.JPG

IMG_1554.JPG

IMG_1557.JPG

IMG_1559.JPG

次に通るのは「吉野水分(みくまり)神社」です。
古くて落ち着いた雰囲気の神社です。
(下の写真も秋に訪れたときのものです)

IMG_1534.JPG

IMG_1541.JPG

吉野水分神社を過ぎると「花矢倉展望台」に至ります。
吉野全体を一望できる絶景スポットですので、吉野を訪れた際には必ず足を運んでみてください。
下は花矢倉展望台からの眺めで、吉野のシンボル的な存在である金峯山寺の蔵王堂が見えます。

IMG_1030.JPG

IMG_1031.JPG

IMG_1033.JPG

さらに下りていきますが、途中では下の写真のような美しい桜の風景を楽しむことができます。

IMG_1050.JPG

IMG_1071.JPG

IMG_1074.JPG

IMG_1082.JPG

山を下りていくにつれ神社や寺院がいくつも見られるようになってきますが、以下ではその中でもオススメの場所を紹介したいと思います。
まず始めは「竹林院」です。
ここは旅館(竹林院群芳園)になっており、宿泊も可能です。
ここでは庭園も楽しむことができ、以下の写真のような様々な植物を観賞できる私のお気に入りスポットの1つでもあります。

IMG_0912.JPG

IMG_0916.JPG

IMG_0923.JPG

IMG_0936.JPG

IMG_0937.JPG

IMG_0942.JPG

IMG_0949.JPG

IMG_0950.JPG

IMG_0955.JPG

IMG_0964.JPG

IMG_0965.JPG

IMG_0972.JPG

次は「吉水神社」です。
ここの境内からは「一目千本」と呼ばれる絶景ポイントがあり、吉野の桜を一望できます。

IMG_1090.JPG

IMG_1093.JPG

IMG_1102.JPG

そして、吉野の観光スポットとして絶対外せないのが「金峯山寺」です。
本堂である「蔵王堂」は吉野のシンボル的な存在で、各所から眺めることができます。
内部には秘仏である「金剛蔵王権現」が祀られています。
3体の巨大な青色の仏像で、非常に迫力があり1度見たら忘れられません。

IMG_1113.JPG

IMG_0897.JPG

IMG_1060.JPG

長くなりましたが、吉野は上記の通り多くの見所があります。
ぜひ1日かけて回り、充実した観光を楽しんでください。

国内・海外旅行の予約は【Tポイントが貯まる・使える!】Tトラベル


posted by Mandelbrot at 21:47 | 奈良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月25日

京都市の中心に位置する京都観光の定番 - 二条城




京都市の中心に位置する二条城はアクセスも良く、京都に観光に来たことがある人の多くが一度は訪れているのではないかと思います。
現在ある二条城は徳川家康が住居として建造したもので、そのためか一般的な城のような高層の構造にはなっておりません。
二の丸御殿大広間は大政奉還が行われた歴史的な場所で、それ以外にも障壁画や鶯(うぐいす)張り、二の丸庭園など見所が多数あります。
二の丸御殿内部は撮影禁止のため写真はありませんが、ぜひ1度ご自身の目でご覧ください。

建造物はもちろん一見の価値ありですが、私の中では広大な庭園の中に咲き誇る桜が強く印象に残っています。
もうすぐ桜の季節ということもあるので、ここでは二条城で見られる桜の写真を紹介したいと思います。

IMG_4379.JPG

IMG_4381.JPG

IMG_4390.JPG

IMG_4397.JPG

IMG_4401.JPG

IMG_4412.JPG

IMG_4425.JPG

IMG_4433.JPG

IMG_4439.JPG

IMG_4450.JPG

IMG_4451.JPG

IMG_4456.JPG





posted by Mandelbrot at 21:29 | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な桜の名所 - 醍醐寺

このところ天気は暖かくなったり寒くなったりを繰り返していますが、暖かい日は20℃に届いたりと確実に春になってきていますね。
花も間もなく梅が終わり桜の季節となります。
そこで、これからの桜の名所をいくつか紹介していきたいと思います。



今日は京都市の南に位置する「醍醐寺」を紹介します。
京都の中でも桜の開花が早く、かつて豊臣秀吉が「醍醐の花見」を行ったことでも有名な歴史的な桜の名所です。
京都市街からは少し離れますが、1度は訪れてみる価値のあるスポットです。
以前、「京都の観光の仕方 - 移動手段」という記事で「タイムズイトーヨーカドー六地蔵店(立体)駐車場」を利用したパークアンドライドを紹介しましたが、ここから地下鉄東西線で移動するのもアリですね。

醍醐寺は「上醍醐」と「下醍醐」に分かれています。
私はまだ下醍醐しか訪れたことがありませんが、下醍醐から上醍醐に至るには山道を登っていく必要があるようです。
以下に、下醍醐の伽藍をいくつか紹介したいと思います。

●西大門(仁王門)

IMG_4201_2.JPG

●観音堂

IMG_4239.JPG

●弁天堂

IMG_4243.JPG

その他、桜を中心に境内の写真を載せたいと思います。

IMG_4217.JPG

IMG_4219.JPG

IMG_4225_2.JPG

IMG_4246.JPG

IMG_4254_2.JPG

IMG_4284.JPG

IMG_4287.JPG

IMG_4300.JPG

IMG_4311.JPG




posted by Mandelbrot at 20:06 | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする